無添加成分によって適する基礎化粧品を選択する

基礎化粧品を選ぶ時には、肌タイプに合う無添加化粧品を選択するといいでしょう。近年では、オーガニックや、ナチュラルといったキーワードがよく使われています。多くの人が、安心して使うことができる基礎化粧品を求めているようです。その背景には、数年前に起きた大手化粧品メーカーによる基礎化粧品の回収騒ぎがあります。このときの白斑事件被害者は多数になり、相談件数はその何倍にも上ることから潜在被害者数は何万人にもなるのではないかと言われています。ロドテノールという成分によって、お肌に白斑ができてしまうというもので、治癒が難しいことが問題になりました。白斑のリスクがある成分は、ロドテノールだけではありません。ハイドロキノンや、ハイドロキノンモノベンジルエーテルも、白斑の出る可能性があります。とはいえ、適切な量を使っていればリスクはごくわずかですし、美白の効果が高いことから、特に規制対象になっていない成分です。化粧品の成分に無添加と大々的に書かれていても、厳密にいえば添加物が含まれていることはよくあります。無添加とは、特定の物質が使用されていないことを表すだけであり、何が無添加なのかはその化粧品によるものです。添加物として有名である界面活性剤、殺菌剤、防腐剤、タール系色素等はもちろんないに越したことはありませんが、他にアレルギーを起こす可能性のある成分は個人差があります。日々肌につけ続けるものですから、納得のいく基礎化粧品選びをしたいものです。繊細な肌にじかにつける基礎化粧品を選ぶ時は、添加物の有無や肌への作用などをじっくり検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です